FC2ブログ

    GHUB

    Logicool G HUBのプロファイル名を変更する方法

    お約束

    ご利用は自己責任で

    変更例

    変更前 変更後
    200118_LGHUB_1.png 200118_LGHUB_2.jpg

    変更方法

    1. 前提知識: ファイルの場所
    2. 項目 場所
      実行ファイル C:\Program Files\LGHUB
      設定ファイル C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\LGHUB\settings.json
      設定ファイルのバックアップ C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\LGHUB\settings.backup
    3. 前提知識: 設定ファイル更新のタイミング
    4. 設定ファイル(settings.json, settings.backup)がG HUBに書き換えられるタイミングは以下の通りです。
      • G HUB起動時
      • G HUB終了時
      • G HUBプロファイル切り替え時
      • 起動時の設定で上書き

    5. 前提知識: プロファイル名
    6. プロファイル名はプロファイル作成時に指定した実行ファイル(exe)の名前になります。
      例えば、「FSD.exe」という実行ファイルを指定した場合、プロファイル名は「FSD」となります。

    7. 準備
    8. 変更するプロファイル名をメモする。
      設定ファイル編集の際に使用します。メモ帳などにメモしておきましょう。
      今回は例として、プロファイル名「FSD」を「Deep Rock Galactic」に変更します。

    9. G HUBを終了する
    10. タスクバーに常駐しているG HUBを「Quit」で終了する。

    11. 設定ファイルを開く
    12. 設定ファイル(settings.json)をテキストエディタ等で開く。
      メモ帳などでも編集できるが、色分けして表示できるエディタを使うと便利です。
      例ではVisual Studio Codeを使用します。

    13. 設定ファイルを検索する
    14. 「準備」でメモしておいたプロファイル名を使用して設定ファイルを検索します。
      検索ワードは「"name": "メモしたプロファイル名"」です。

      200118_LGHUB_3.jpg

    15. 設定ファイルを編集する
    16. 前項で検索した「"name": "プロファイル名"」のプロファイル名部分を自由に変更します。(ただし、「"」や「\」は使用しないこと)
      例: 「"name": "FSD",」を「"name": "Deep Rock Galactic"」に変更し、上書き保存します。

    17. G HUBを起動する
    18. 「C:\Program Files\LGHUB\lghub.exe」を実行します。
      プロファイル名が書き換わっていれば成功です。
      書き換わっていない場合は手順を最初から見直してください。
      たまに、「インストールされていません」というプロファイルが作成されている場合がありますが、G HUBの再起動で消えます。
    スポンサーサイト