スポンサーサイト

    PAYDAY2 Blacklist Assist

    最近更新中のPAYDAY2のBlacklist MODの補助ツール
    ※特に理由が無い場合は最新バージョンを使用してください。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    最近の進捗

    PAYDAY2 Blacklist Assist

    最近更新中のPAYDAY2のBlacklist MODの補助ツール
    ※特に理由が無い場合は最新バージョンを使用してください。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    前回の記事で

    ●Steamの実績取得状況関係について
    http://rinatl.blog.fc2.com/blog-entry-700.html


    実績について一通り調べたので、XMLを読み解いて

    serial.jpg

    とりあえず(無理やり)読み込むところまで実験できた。
    複雑に入れ子になっている場合の読み込みがややこしいので、一度ソースを取得してから必要な部分だけ抜き出して解析する形になりそう。


    XPathを使うと目的の値を的確に取り出せてとても簡単!
    参考
    http://www.ipentec.com/document/document.aspx?page=csharp-xml-parse-search-attributes-use-xpath-dom

    3000*2行(400KB)程度のデータ量でも解析に1秒もかからなかったので時間的には問題なさそう。


    ①SteamID64ユーザーの実績情報を取得
    ユーザーの取得状況
    http://steamcommunity.com/id/[profilename]/stats/PAYDAY2/achievements/?xml=1


    ②リストに収納
    nameで①の情報を統合


    ③ローカルに規定値の実績情報ファイルがあるか確認
    ある:④へ
    ない:最新版をダウンロード
    http://api.steampowered.com/ISteamUserStats/GetSchemaForGame/v2/?key=[Steam WEB API Key]&appid=218620


    ④ローカルの規定値の実績情報ファイルの実績数とユーザーの実績数が同数化確認
    同じ:⑤へ
    違う:最新版をダウンロード
    http://api.steampowered.com/ISteamUserStats/GetSchemaForGame/v2/?key=[Steam WEB API Key]&appid=218620


    ⑤取得時間でソート
    詳細表示する場合のための準備と同時にソートしながら⑥をチェック


    ⑥同時刻の取得時間が設定値以上あるか確認
    以上:警告を表示しチェックを終了
    未満:⑦へ
    (取得順序は不具合により解除されない場合があるのでチェックしない)


    ⑦同時取得不可能な実績のファイルがあるか確認
    ある:⑧へ
    ない:最新版をダウンロード


    ⑧同時取得不可能な実績を順次確認
    ある:警告を表示しチェックを終了
    ない:終了


    参考


    XMLをクラスに変換する/クラスをXMLに変換する

    http://park1.wakwak.com/~ima/dotnet_cs_xmlserializer0001.html

    Xml2CSharp.com

    http://xmltocsharp.azurewebsites.net/

    json2csharp

    http://json2csharp.com/
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。