スポンサーサイト

    PAYDAY2 Blacklist Assist

    最近更新中のPAYDAY2のBlacklist MODの補助ツール
    ※特に理由が無い場合は最新バージョンを使用してください。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    タイマー式シャットダウン用batファイル v4

    PAYDAY2 Blacklist Assist

    最近更新中のPAYDAY2のBlacklist MODの補助ツール
    ※特に理由が無い場合は最新バージョンを使用してください。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ダウンロードし、ダブルクリックするとできます。

    終了予定までの時間を分で入力すると、内部で秒に変換してshutdownコマンドを実行します。

    実行してしまった後に、処理を中断したい場合は何かしらのキーを押しキャンセルすることができます。

    batファイルを閉じる場合は右上から閉じるボタンを押してください。キャンセルして閉じる、キャンセルせず閉じるボタンで閉じる、どちらもシャットダウンは中止できます。

    更新履歴

    v1
    12/11/22
    ファイル名をpoweroff.batからpoweroff2.batに変更
    時間に文字列が混入した場合即座にシャットダウンが実行されるため、入力文字列を数値か文字列か判定する処理を追加しました。
    文字列と判定された場合は再度時間入力を求めます。

    v2
    12/11/23
    なぜか正常に動作していないので前のファイルに差し替え。
    数値以外を入力すると即座にシャットダウン処理を始めるので注意

    v3
    13/10/01
    不具合修正完了

    v4
    16/07/04
    通常のシャットダウン処理と強制シャットダウンを選べるように変更。


    ダウンロード

    ソース v4
    @echo off
    :LOOP
    rem /////////
    rem 初期化
    set pushKey=
    set SEC=
    set X=
    set TIME=
    rem /////////
    set MIN=60
    set TIME=0
    set /p SEC="自動シャットダウン予定までの時間(分)を入力してください >"
    set /a X=SEC
    if defined X set X=%X:0=%
    if defined X set X=%X:1=%
    if defined X set X=%X:2=%
    if defined X set X=%X:3=%
    if defined X set X=%X:4=%
    if defined X set X=%X:5=%
    if defined X set X=%X:6=%
    if defined X set X=%X:7=%
    if defined X set X=%X:8=%
    if defined X set X=%X:9=%
    if not defined X set /a TIME+=SEC*MIN
    if %TIME%==0 echo 数列のみ有効です。
    if %TIME%==0 goto LOOP
    rem /////////
    echo %SEC%分後にシャットダウン処理を実行します。
    echo;
    echo 通常のシャットダウン処理を実行する場合は1
    echo アプリケーションを強制的に終了しシャットダウンする場合は2
    set /p pushKey= "処理モード:%pushKey%"
    rem /////////
    if "%pushKey%"=="1" (
    echo 処理を実行します。
    shutdown -s -t %TIME%
    echo 処理を中断する場合は何か押してください。
    pause >nul 2>&1
    rem set /p pause = %pause%
    rem if "%pause%" == ("")
    shutdown -a
    goto LOOP
    rem /////////
    ) else if "%pushKey%"=="2" (
    echo 処理を実行します。
    shutdown -s -f -t %TIME%
    echo 処理を中断する場合は何か押してください。
    pause >nul 2>&1
    shutdown -a
    goto LOOP
    rem ) else if "%pushKey%"=="n" (
    rem echo 処理を中断しました。
    rem goto LOOP
    rem /////////
    )else (
    echo 1/2以外は認識しません。処理を中断しました。
    goto LOOP
    )


    作った経緯
    眠たい、でも累計ログイン時間によるアイテム報酬を受け取りたいというそこのあなたに小技を一つ。

    つけっぱなしは電気の無駄、でも帰りが遅くて12時を回ってしまうかもしれない。

    きちんとログインアイテムを受け取りたい、どうしたらいいの?

    答えは簡単、深夜0時を回って4時間でPCの電源が落ちるように設定して寝ればいいだけです。

    新しくツールを入れる必要はなく、windowsに標準で入っているコマンドプロンプトでコマンドを入力すると簡単にできます。

    コマンドプロンプトを起動する方法は、

    window7,vistaの場合
    [windowsメニュー]→[全てのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]

    検索から実行する場合は
    windows7,vistaの場合
    [windowsメニュー]→[プログラムとファイル検索]→[cmd]と入力してcmd.exeを起動

    シャットダウンするコマンドは

    shutdown

    これに、オプションで、時間(秒)を指定します。

    -t sec

    つまり、

    shutdown -t 60

    を入力し、エンターで実行すると、実行から60秒後にPCがシャットダウン処理を始めます。

    1時間+10分
    shutdown -t 4200

    2時間+10分
    shutdown -t 7800

    3時間+10分
    shutdown -t 11400

    4時間+10分
    shutdown -t 15000

    アイテムは若干時間に誤差があるようなので、上の命令文の時間はX時間+10分の猶予時間が足してあります。

    batファイルを作ったので上の使い方がわからない人用に載せておきます。




    動作環境はXP以降
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。