FC2ブログ

    ゲーム

    Minecraft MOD設定ファイルの更新方法

    Forge導入済みクライアントの各種MODの設定更新方法についてです。

    ① Minecraftクライアントから任意のバージョンのゲームファイルフォルダを開く


    画像の赤枠を参考にゲームファイルフォルダを開く。
    minecraft_mod_config1.png
    minecraft_mod_config2.png
    minecraft_mod_config3.png

    configフォルダを開く


    このフォルダにMODの設定ファイル(cfg)が保存されている。
    設定を変更したいMODの設定ファイルをメモ帳等で開き、編集、上書き保存する。
    なお、必要に応じて設定ファイルのバックアップを取っておくとよい。(sampleMod.cfg.bakなど)
    minecraft_mod_config4.png

    身内向けconfig更新方法


    Discordのピン止めされた設定ファイルをダウンロードし、configフォルダのファイルに上書き保存(置き換え)する。

    minecraft_mod_config5.png
    minecraft_mod_config6.png
    スポンサーサイト

    Minecraftマルチプレイサーバの建て方 Forge編

    同様の内容の記事は各所で公開されているが、先日解説する機会があったため記事にまとめておく。

    バニラサーバの建て方とForge導入サーバの建て方と2種類分けて書くので、自分の用途に合わせて読んでください。
    バニラサーバは前の記事で書いています。
    Minecraftマルチプレイサーバの建て方 バニラ編
    http://rinatl.blog.fc2.com/blog-entry-782.html

    サーバを立てる費用は無料ですが、若干のPC操作知識が必要です。

    環境はWindowsを想定しています。

    前準備


    Javaバージョンの確認


    お使いのPCにJavaが導入されているか確認する。
    [Windows key + R]で「ファイルを指名を指定して実行」のウィンドを表示し、名前に[cmd]を入力して[OK]を選択。
    黒い画面(コマンドプロンプト)に[java -version]と入力する。

    こちらの画面の場合は、下記URLからJavaをインストールする。(画像では--versionとなっていますが-versionの誤りです)
    minecraft_server_mae1.png
    Windows版Javaのダウンロード
    https://java.com/ja/download/


    こちらの画面の場合は、バニラまたはForgeサーバの建て方に進む。
    バージョンが若干違う程度であれば問題ない。気になるようであれば上記URLから最新版をインストールする。
    minecraft_server_mae2.png

    バニラ(MODなどを導入しない)サーバの建て方


    ⓪ サーバ建て成功時のファイルやフォルダの配置状況


    この画像の配置になることを目指す。
    minecraft_server_forge9.png

    ① サーバファイル群を置くフォルダを作成する


    フォルダの場所や名前は自由。

    ここでは、Cドライブ直下に[MinecraftServer]フォルダを作成したものとして解説を進める。
    フォルダパス [C:\MinecraftServer]

    ② 遊びたいバージョンのForgeインストーラをダウンロード


    下記URLから使用したいバージョンの[Windows Installer]をダウンロードし、①のフォルダに配置する。
    最新のマインクラフトのバージョン以外は左のメニューからバージョンを指定する必要がある。
    [Latest]ではなく、[Recommended]バージョンのダウンロードをお勧めする。

    ここでは、バージョン1.7.10の1.7.10 - 10.13.4.1558 Windows Installerをダウンロードしたものとして解説を進める。
    Minecraft Forge
    https://files.minecraftforge.net/

    この時点での[MinecraftServer]フォルダ内の状況
    minecraft_server_forge1.png

    ③ Forgeのインストーラーを実行する


    ②でダウンロードしたインストーラーを実行する
    [Install client]から[Install server]に変更し、[...]から①で作成したフォルダを指定する。
    赤文字でエラー文のようなものが出るが無視してよい。
    minecraft_server_forge2.png

    サーバファイルのダウンロードが始まるのでしばらく待ち、下の画面が出たら[OK]を押して閉じる。
    画像の赤枠のファイルとフォルダが作成されていない場合はやり直す。
    minecraft_server_forge3.png


    ④ サーバ起動用batファイルを作成する


    メモ帳を開き、以下を書き込み、[ファイルメニュー]から[名前を付けて保存]を選択し、
    保存場所を[MinecraftServer]に、[ファイルの種類]を[すべてのファイル]として、名前を[ServerStart.bat]として保存する。
    [forge-1.7.10-10.13.4.1558-1.7.10-universal.jar]の部分は各自の状況に合わせて変更すること。
    @echo off
    java -Xms512M -Xmx1024M -jar forge-1.7.10-10.13.4.1558-1.7.10-universal.jar nogui
    pause
    minecraft_server_va2.png

    ⑤ ServerStart.batを起動する


    ④で作成した[ServerStart.bat]をダブルクリックから実行し、「続行するにはキーを押してください」と表示されるまで待つ。
    「続行するにはキーを押してください」と表示されたら、いずれかのキーを入力し黒い画面を閉じる。
    minecraft_server_forge4.png

    この時点での[MinecraftServer]フォルダ内の状況
    minecraft_server_forge5.png

    ⑥ eula(end-user license agreements 利用規約)に同意する


    [MinecraftServer]フォルダ内に作成された、[eula.txt]をメモ帳で開き、
    [eula=false]を[eula=true]に書き換え、上書き保存する。
    minecraft_server_forge6.png

    ⑦ 再度ServerStart.batを起動する


    再び黒い画面に文字が表示されるので、しばらく待つ。

    この画面になれば導入成功、ならなければ手順⓪から見直す。
    minecraft_server_forge7.png

    完成時のファイル配置は画像の通り、正常に動作しない場合は手順⓪から見直す。
    minecraft_server_forge9.png

    Minecraftマルチプレイサーバの建て方 バニラ編

    同様の内容の記事は各所で公開されているが、先日解説する機会があったため記事にまとめておく。

    バニラサーバの建て方とForge導入サーバの建て方と2種類分けて書くので、自分の用途に合わせて読んでください。
    Forge導入変は次の記事で書いています。
    Minecraftマルチプレイサーバの建て方 Forge編
    http://rinatl.blog.fc2.com/blog-entry-783.html

    サーバを立てる費用は無料ですが、若干のPC操作知識が必要です。

    環境はWindowsを想定しています。

    前準備


    Javaバージョンの確認


    お使いのPCにJavaが導入されているか確認する。
    [Windows key + R]で「ファイルを指名を指定して実行」のウィンドを表示し、名前に[cmd]を入力して[OK]を選択。
    黒い画面(コマンドプロンプト)に[java -version]と入力する。

    こちらの画面の場合は、下記URLからJavaをインストールする。(画像では--versionとなっていますが-versionの誤りです)
    minecraft_server_mae1.png
    Windows版Javaのダウンロード
    https://java.com/ja/download/


    こちらの画面の場合は、バニラまたはForgeサーバの建て方に進む。
    バージョンが若干違う程度であれば問題ない。気になるようであれば上記URLから最新版をインストールする。
    minecraft_server_mae2.png

    バニラ(MODなどを導入しない)サーバの建て方


    ⓪ サーバ建て成功時のファイルやフォルダの配置状況


    この画像の配置になることを目指す。
    minecraft_server_va7.png

    ① サーバファイル群を置くフォルダを作成する


    フォルダの場所や名前は自由。

    ここでは、Cドライブ直下に[MinecraftServer]フォルダを作成したものとして解説を進める。
    フォルダパス [C:\MinecraftServer]

    ② 遊びたいバージョンのサーバファイル(jar)をダウンロード


    以下のサイトの左列Stable Releasesから使用したバージョンのServer Jarをダウンロードし、①で作成したフォルダに入れる。
    ダウンロードの際に「この種類のファイルはコンピュータに損害を与える可能性があります~」と表示されることがありますが、サーバを建てたい場合は保存してください。破棄する場合はサーバ建てをあきらめてください。

    ここでは、バージョン1.7.10のServer Jarをダウンロードしたものとして解説を進める。
    MCVersions.net
    https://mcversions.net/

    この時点での[MinecraftServer]フォルダ内の状況
    minecraft_server_va1.png

    ③ サーバ起動用batファイルを作成する


    メモ帳を開き、以下を書き込み、[ファイルメニュー]から[名前を付けて保存]を選択し、
    保存場所を[MinecraftServer]に、[ファイルの種類]を[すべてのファイル]として、名前を[ServerStart.bat]として保存する。
    @echo off
    java -Xms512M -Xmx1024M -jar server.jar nogui
    pause
    minecraft_server_va2.png

    ④ ServerStart.batを起動する


    ③で作成した[ServerStart.bat]をダブルクリックから実行し、「続行するにはキーを押してください」と表示されるまで待つ。
    「続行するにはキーを押してください」と表示されたら、いずれかのキーを入力し黒い画面を閉じる。
    minecraft_server_va3.png

    ⑤eula(end-user license agreements 利用規約)に同意する


    [MinecraftServer]フォルダ内に作成された、[eula.txt]をメモ帳で開き、
    [eula=false]を[eula=true]に書き換え、上書き保存する。
    minecraft_server_va4.png

    ⑥ 再度ServerStart.batを起動する


    再び黒い画面に文字が表示されるので、しばらく待つ。

    待っている間にファイアウォールの設定が表示された場合は、自分の環境に合わせて設定する。
    minecraft_server_va5.png

    黒い画面に黄色枠の表示が出ればサーバが正常に稼働している。
    赤枠はMinecraftのワールド生成の進み具合であり、緑枠でエラーが表示されているが、これは初回サーバ稼働時に作成されるファイルであるため問題はない(2回目起動時には起こらないエラー)。
    minecraft_server_va6.png

    完成時のファイル配置は画像の通り、正常に動作しない場合は手順⓪から見直す。
    minecraft_server_va7.png

    Minecraftクライアントから接続を試す


    Multiplayer -> Add server -> Server Addresに[localhost]と入力 -> Done
    追加したサーバに接続
    接続できれば成功、できなければ手順⓪から見直す。

    Factorioの原子炉の効率計算した

    Factorioを(ほとんど放置だけれど・・・)500時間くらいプレイして、そろそろ原子炉に移ってみようかと、

    というよりも太陽光発電機が13kも置いているのに電力が枯渇して、バイターさんに施設をつまみ食いされた・・・。

    せっかくなので文字として共有できるようにスプレッドシートで計算してみた。
    設置の仕方は接地面が多くなりつつ、インサータによる燃料の出し入れが可能な形状



    ■■■
    ■■■
    といったように2行を横に伸ばしていくものとする。
    スプレッドシートとグラフは記事下部。

    所見



    燃料棒対発電率の効率の上昇量は原子炉1-10基の間で大きく、その後24基付近でほぼ収束する。
    このため、原子力発電を行う際には最低原子炉10基は設置するとよいだろう。



    効率計算表とグラフ


    シートURL
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1FuZXNlN6jzmOj5Y5CviJxZKhScbvUvLMx80wA2v06JA/edit?usp=sharing

    グラフも書いたがスプレッドシートはいろいろいじりづらかったのでエクセルの画像をぺたり。

    FactorioAtomEffi.jpg

    Steamで初めて詐欺トレーダーに出会った記念

    このアカウント(以下詐欺アカウント)からフレンド申請が来ました。

    http://steamcommunity.com/id/datdankdarks1/
    http://steamcommunity.com/profiles/76561198414172572

    180114trade_prof.png

    ちなみにこの時点でのプロフィール情報はこちら(上記画像と本画像のSteamID64の一致から同一アカウント)

    180114trade_nise.png

    トレード目的のフレンド申請はお断りしているので、
    アカウント名の「trade」を見た瞬間に申請を無視しようかとも思ったのですが、ゲームのプレイ時間から明らかにサブアカウントもしくは詐欺目的のアカウントだと思ったので、チャットしてみてもよいかと思い申請を承認しました。

    直後にチャットが始まり、流れは以下の画像の通りです。
    英語が怪しいのはご愛敬

    180114trade_chat.jpg

    チャットのこの部分が怪しい!
    Darkahy Mastah: Okay check my backpack https://www.backpack.tf/profiles/76561198122827285

    詐欺アカウントの常とう手段です、詐欺アカウント自身のインベントリは非公開にし、同じ名前、同じアバター画像の本物(インベントリに金目のものがたくさんあるアカウント)のインベントリ情報を見せます。

    ちなみに、詐欺アカウントのインベントリは(フレンド状態であっても)非公開でした。
    トレード目的ならアイテムを見せない設定にしているというのは十分に怪しむべき点ですね。

    (フレンド状態でも・なくても)非公開の場合、backpack.tfなどは最新のインベントリ情報を取得できませんので、この点でもかなり怪しいです。

    しかし、backpack.tfは親切なことに(詐欺師からすると不親切?)、そのURLにSteamID64が堂々と書かれています。

    この場合、https://www.backpack.tf/profiles/76561198122827285この数列がSteamID64です。
    このSteamIDの持ち主さん(以下本物アカウント)と、詐欺アカウントのSteamID64と比較してみましょう。

    詐欺アカウント:76561198414172572
    本物アカウント:76561198122827285

    残念なことにまったくかすってすらいませんね。

    ちなみに、本物アカウントのプロフィール情報はこちら。

    180114trade_hon.png

    かなり似通っていますね。

    自分は最初から詐欺を疑っていたので被害はありませんでしたが、ちょっと注意を怠っていると引っかかってしまいそう。

    詐欺には気を付けて~。

    関係ないですが、本物アカウントのほうのアカウントの日時が01 Jan 1970となっている謎。
    ちなみに、偽物アカウントの作成日時は13 Aug 2017でした。
    Unixtime初期値なのは何だろう・・・。